大発見の結末が気になるのです

最近気になってしょうがないのは、スタップ細胞のことです。
少し前にニュースで大々的に取り上げられていて、ノーベル賞を取れるのではないかと騒がれていましたが。
どうも様子が変わってきています。
再現はできているというような発表はあったみたいなのですが、どうもしっくりときません。
本当のところはどうなっているんだろうとか、何か進展はあったのかなあと、つい最新のニュースをチェックしてしまいます。
以前のニュースで、純粋にすごいことだ、人間の寿命というものも無くなってしまうんじゃないかと驚いただけに、
近頃、マスコミに持ち上げられた後に、実はそれは嘘でしたみたいな事件が多いので、まさかと思ってしまうのです。
そんな感じで、今日もニュースを見ていたら、実験結果の発表にまた疑わしい点が見つかったことが取り上げられていました。
どうも日に日に雲行きが怪しくなってきてしまっています。素人の私でも、どうもこれはという思いが払拭できません。
真実としては、実験は上手くできていて、特許の関係で細部まで手順が後悔できないということであって欲しいと願うばかりです。
やはり結末はがっかりするよりも、すごいという驚きでしめたいのです。
そして、自分のことを振り返ってみると、もう少しすると忙しくなってきて、もうニュースをゆっくりと見ている暇もないくらいになってしまいます。
こんなに他人のことが気になるのもいまのうちだけだと思って、のんびり気分を満喫しておきたいです。